読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわせんの仕事部屋倉庫

データやリンクの倉庫。自分用。

現象学

苫野さんのブログを頼りに。 ittokutomano.blogspot.jp 事実学・・・「世界はこうなっているという『事実』を記述する」 本質学・・・ 目の前のカップが、本当に目に見えるままに存在しているのかどうかは、究極的には分からない。でも、これが「存在してい…

コミュニケーション力をあげるコツ

無籐隆先生のフェイスブックのタイムラインより。 これは教育実習や研修にも言えるよなあ。 コミュニケーション力とは、あるとしても極めて多次元的で複雑で長期にわたる発達と経験と教育が必要なものだ。 だが、短期で訓練できるところもある。仕事ではそれ…

プレゼンの授業 アイデアメモその2

①意味ある繰り返しが重要。場数。 →全員の前で一人ずつではあまりに練習が少ない。 少人数で、でも大勢の前という設定で。 フィクションをかませる(場面設定。演劇的な手法)。 ②即興性。簡単なメモ程度で話す練習。 ③聴き手の意識。

プレゼンの授業アイデアメモ①

●いいモデルがあること。 ゴールイメージの共有。 www.youtube.com 高学年なら、河瀬さんもいいモデルだ。 The value of movies: Naomi Kawase at TEDxTokyo

どんな高校生が大学、社会で成長するのか―「学校と社会をつなぐ調査」からわかった伸びる高校生のタイプ 作者: 溝上慎一,京都大学高等教育研究開発推進センター,河合塾 出版社/メーカー: 学事出版 発売日: 2015/07/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

現職院生のためのリンク。

あかねさす: 私家版「現職教員大学院生による現職大学院生のための学生生活の送り方&修士論文の書き方」 必読。

育ちと学びの生成 (質的心理学講座) 作者: 無藤隆,麻生武 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2008/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ●エピソード記述の方法で問われること ①なぜそのエピソードを取り出したか、その恣意性をいかに超え…

堀田さんの記事。次期学習指導要領について。

動き出した"次世代"の学習指導要領 | CHIeru.WebMagazine 今後は新たな能力も求められてきます。その一つが、他者と「協働」する力です。一人ひとりの知識や能力には限りがあります。自分にはない知識や能力を持った他者と支え合い、補い合って「協働」して…

未来を変えるプロジェクト

示唆に富んだ記事。 mirai.doda.jp 人間の仕事が人工知能に奪われるのではないかという議論がありますが、どちらかというと、人間の仕事が無くなるというよりは、人間の仕事の質が変わっていきます。 例えば、「学校の先生」の役割は、これまではコンテンツ…

『「力のある学校」の探究』志水宏吉編 大阪大学出版会 メモ1

「力のある学校」の探究 作者: 志水宏吉 出版社/メーカー: 大阪大学出版会 発売日: 2009/05/21 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (2件) を見る ●新自由主義ー社会的公正主義 「社会的に不利な状況にある層を積極的・重点的に…

教育課程企画特別部会における論点整理について(報告) 平成27年8月26日 教育課程企画特別部会

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/053/sonota/1361117.htm

高大接続システム 中間まとめ

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/toushin/1362096.htm

『学び合い』手引き書

https://dl.dropboxusercontent.com/u/352241/manabiai-data/net-book/tebiki.pdf 一度はじっくり読んでおきたい。 ボクは何度も読んだ。

ホラクラシー

type.jp sprmario.hatenablog.jp

苫野さんの名著紹介。

ittokutomano.blogspot.jp

子どもの未来につながる社会情動的スキルとは?

berd.benesse.jp

教育における市場性と公共性に関する考察 ― 市場原理は多様なアイデンティティを 実現するか?― 加 藤 潤

https://nufs-nuas.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=121&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=17